人と人の繋がりを大切にした結婚式☆Esprit de Nature

42019.03.4

Mar

卒花ブログ

人と人の繋がりを大切にした結婚式☆Esprit de Nature

【 NO.670 】

深紅のバラが生きるホワイトコーデを!

 

花嫁のこだわりは?

お互い納得のいくもの。金額やブランドにこだわるのではなく、来てくださる方々に楽しんで頂ける事が最優先。
その上で、年齢相応の上質な空間づくりや「わたしたちらしさ」を大切にしました。
決め手になったのは、試着室から出てきた時の新郎の反応です。
ドレスを着なれていて余分な知識や考えのある本人の見立てより、パッと見た時の彼の素直な反応が本当に参考になりました。
式当日、ゲストのほとんどが彼と同じ反応だったのが印象的です。
王道から逸れず、でも誰もが想像する「花嫁と花婿」とは一味違う。そう感じてもらえたら嬉しいなと、思い選びました。

ラメ感も美しい花シリーズの新郎新婦

 

フィーノについて

他の提携店にも参考までに行きましたが、来店前からフィーノさんが本命でした。
県内で唯一の桂由美ブランド取扱店ということが主な理由です。
しかし来店後は、この人達と結婚式を作っていきたい!!と、思った事が一番の理由になりました。
担当してくださった大村チーフはじめ、他のスタッフの方々のお声掛けや心遣いなど、フィーノさんを訪れることが毎回とても楽しみでした。
空間づくりの要は「人」なのだな~と、毎回結婚式について以上のことを勉強させて頂きました。
また新郎は、「人を大切にしたい」と常々言っています。
式場も、結婚指輪の購入店も「人」で決めました。もちろん、物にも妥協しな前提で、お互いの感性が一致したのがフィーノさんでした。

アンサンブルベールの美しいレース感が素敵♪

 

 

先輩花嫁からのアドバイス

何を大事にしたいのか?新郎と新婦それぞれで優先順位をはっきりさせておくことは大切だと思います。そしてそれを共有しておくこと。
私たちは幸いな事に、結婚式の主導権を新郎が握っていました。そのため、衣裳についてもバンバン口を出されました。一瞬のテンションで物事を判断するのではなく、常に結婚式の全体像を意識して考える事が大切だから。という彼の想いからです。
意見の対立ももちろん、たくさんありましたが、そこはお互いのプレゼンテーションで決着を付けました。
良い式にしたい!という思いは全員が持っていると思います。こうしたい、ああしたい、という自分の欲なのかそれともそれが結婚式の目的や想いに通じることなのかを一呼吸おいて考えると、モヤモヤはなくなるのではないかと思います。

空間に溶け込むようなカラーコーデ

 

花嫁 健一・杏奈
市町村 静岡市
挙式日 2018/11/23
式場 エスプリ・ド・ナチュール
お召しの衣装 ウエディングドレス・カラードレス

スタッフより

担当コーディネータ フィーノ静岡 大村 真由
いつまでもお幸せに!

ご結婚おめでとうございます。
初めてフィーノへご来店頂いた時、
【結婚式から始まるご縁を大切にしたい】とお話されたことが印象的でした。
お2人のご衣裳選びと、その後のおしゃべりの時間は私が毎回楽しみにしていた時間です。
様々な分野の知識があるお2人からたくさん学ばせていただきました。
ご衣裳はタキシード・ドレス全てにこだわった最高のコーディネートでした!!
今までドレスを沢山着てこられた杏奈様が白ドレス・色ドレスを着て「これだ!」と運命のドレスに出会えた瞬間は今でも覚えています。
お2人にとって大切な1日のお手伝いができて本当に幸せです。
ありがとうございました。

おめでとうございます。
結婚式という人生儀礼において何を大切にするべきか?根本的なものを改めて教えて頂いたようです。
そして、私たちフィーノが何を大切にしているお店なのか?を…本当によくご理解して頂けていたことに…またまた改めて感激しました。
お客様だけが満足した衣裳決定ではなく、担当スタイリストも満足した衣裳選びをさせて頂く事で生まれる価値観の一致から「より良い結婚式」
になるものだというのが、フィーノの信条です。
また、細かなこだわりが大きな感動になる!という事も含め、私たちフィーノがお客様に提案できる最大の武器がスタッフだという事も、本当にご理解頂けて嬉しい限りです。
ちょっとお茶目な新郎様とピュアな新婦様との「本気」の衣裳選びは心温かく、またユーモアのある貴重なお時間でした。
お客様から成長させて頂ける…こんな嬉しい時間を大村チーフは体験しました。
この体験を軸に、これからもより一層お客様に愛されるスタイリストになると実感しています。
私もメンズスタイリストの中村も、会話のお仲間に入れて頂けた事もうれしいです。
また、いつでも遊びにいらしてください。
DVDもたくさん、ありがとうございました。  宇佐美 陽美

アイコンタクト♪